疲れが取れない原因を解明|日々の生活の見直しで体の不調を治す

女性
ドリンク

おいしくてヘルシー

酵素が不足している人がとても多いです。野菜や果物に含まれています。酵素ドリンクならたっぷり酵素を補えます。ダイエットに使うなら1食置き換えてください。体調がすぐれないときは食事量を減らして酵素ドリンクを飲むなど工夫しましょう。

長髪の女性

ふらつきが起こる原因

貧血は、血中のヘモグロビンの量が少なくなることで、全身の細胞に酸素が届かなくなることによって起こる症状です。ヘモグロビンは鉄分によって作られるので、鉄分を多く摂取することが求められます。女性は毎月の生理で鉄分を利用するので、鉄分をより多く摂取するよう努める必要があります。

ボディ

生きたまま腸まで届けよう

腸内環境を整えることは、非常に健康に良いことが分かっています。腸内環境を整えるためには、乳酸菌を摂ることが重要です。乳酸菌サプリであれば生きたまま乳酸菌を腸まで届けてくれるほか、カロリーを気にする必要もありません。

疲れを取る方法

男性

睡眠の質を上げる

沢山睡眠をとっているのに疲れが取れないこともあるでしょう。このような状態が続くと、体調を崩したりストレスがたまりやすくなってしまいます。疲れが取れない原因には、いくつかの要因が想定できます。例えば、十分な睡眠時間を取っていても睡眠の質が悪い場合、脳と体は休むことが出来ず疲れがたまってしまうでしょう。睡眠の質を上げるには、起床後朝日を浴びて体内時計をリセットさせることが大切です。朝食はしっかり摂り、末梢時計を整えてあげましょう。また、就寝前にパソコンやスマホのブルーライトを控えることも大切です。ブルーライトの光は朝日と似ているので、脳を刺激して勝手に目が覚めてしまうのです。睡眠の他には、運動不足も疲れが取れない原因の一つです。運動をしない生活が続くと、筋肉が収縮して血行不良になりやすいでしょう。簡単にできるストレッチやウォーキングなどをして血流をよくしてあげましょう。

食事や入浴で改善

食生活の乱れが、疲れが取れない原因になっていることもあります。栄養が偏ると、内臓への負担が大きくなり疲れやだるさを感じやすくなります。炭水化物や糖質の摂り過ぎも、代謝が落ちて疲労が残りやすいのです。バランスの良い食事を心がけて、マグネシウムやカルシウムなどの疲労回復に効果のある食べ物を積極的に摂るようにしましょう。食事で十分に摂ることが出来ない場合は、サプリメントから摂取するのもおすすめです。腸内環境を整えるためにも、発酵食品を食べて善玉菌を増やすようにしましょう。疲れが取れない原因には、入浴の方法に問題があることもあります。就寝間際の入浴は、深部体温が下がりきらず寝付きが悪くなることがあるのです。そのため、就寝2時間前までに入るのが理想的でしょう。体を芯から温めるには、半身浴がおすすめです。